スペクトルマン

名称 宇宙猿人ゴリ(~20)
宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン(~39)
スペクトルマン
よみ うちゅうえんじんごり
うちゅうえんじんごりたいすぺくとるまん
すぺくとるまん
区分 テレビ番組
分類 実写ドラマ
付帯分類 子供向け:特撮もの:ヒーローもの:怪獣もの
放送局 フジテレビ
放送年月日 1971/1/2~1972/3/25 (63回)
形態 毎週一回
曜日時間 土19:00~19:30 (30分)
映像 カラー
音声 単音
制作会社 ピー・プロダクション
提供 万創(?)、勁文社(?)
音楽 宮内国郎
脚本 辻真先山崎晴哉ほか
監督 土屋啓之助ほか
特撮 的場徹堺武夫矢島信男
人形動画 藤森誠代
合成作画 渡辺善夫鷺巣富雄
美術 飯田公夫
照明 大西顕正
撮影 柿田勇細川正司
特殊撮影 下田久
企画 的場徹
プロデューサー 鷺巣富雄別所孝治(局)

主題歌

区分 曲名 作詞 作曲 編曲 歌唱 正規収録盤
OP1 スペクトルマン・ゴーゴー
(~39)
雨宮雄児 宮内国郎 宮内国郎 みすず児童合唱団
ハニー・ナイツ
日本コロムビア(SCS-124)
朝日ソノラマ(AM-2、AM-10)
ED1 宇宙猿人ゴリなのだ 雨宮雄児 宮内国郎 宮内国郎 ハニー・ナイツ 同上
OP2 スペクトルマン・マーチ
(40~)
うしおそうじ 宮内国郎 宮内国郎 みすず児童合唱団
ボーカル・ショップ
日本コロムビア(SCS-136)
ED2 ネビュラの星 うしおそうじ 宮内国郎 宮内国郎 みすず児童合唱団
ボーカル・ショップ
同上
OPは番組開始時 EDは番組終了時 枠OPは放送枠開始時 枠EDは放送枠終了時
  • 前期正副両主題歌は、日本ビクター、ユニオン(テイチク)、東芝、勁文社よりカバー盤が発売された。
  • 東芝版の歌手・上西弘次は、本作品でスペクトルマンのスーツアクターを担当している。
  • 後期正副両主題歌は日本コロムビアのみ販売。

主な出演者

  • 蒲生譲二(がもう・じょうじ)=成川哲夫
    スペクトルマンの人間体。物理学者ジョージ・ガモフより鷺巣富雄(うしおそうじ)が命名。
  • 倉田室長(くらた-)=大平透
    公害Gメン室長。

概説

 高度な知能を持つ猿人による宇宙の理想郷・惑星Eで危険思想家と判断された科学者ゴリは、精神改造刑となったものの、腹心である軍人・ラーの働きでE惑星を脱出した。
 ゴリは宇宙を旅するうちに美しき星・地球を発見し、そこに住む人間が公害により地球を汚している事を知り、人間を滅ぼして自分が地球を支配する事を決意する。
 一方、宇宙の国連とも呼ぶべき人工星・ネビュラ71はこの動きを察知しており、地球防衛のためのサイボーグであるスペクトルマンを地球上に送っていた。
 スペクトルマンは通常、蒲生譲二という青年の姿で人間として活動し、公害Gメンの一員となる。
ゴリの送り出す公害怪獣などで人類に危機が迫ると、蒲生譲二はネビュラに変身の許可を願い出て、ネビュラの指令によりスペクトルマンに変身する。
 だが、時に変身が許可されず、人間体として危地に対処しなければならない時も有る。
 次々とゴリの繰り出す作戦と、それに対峙する蒲生譲二・スペクトルマンの活躍を描いた。

挿話

  • 裏番組は伝説の名番組『巨人の星
    放送当初、裏では読売テレビ系の『巨人の星』が社会的な人気を誇っており、第一回の視聴率は8.3%であった。しかし4月10日放送の第15話でついに抜き、以後は放送延長を重ねて、特撮ヒーローものでは異例の部類である63回もの放送回数を重ねた。*2
  • 怪獣カバゴン
    当時「カバゴン」の愛称でテレビでも数多くの番組に出演していた教育評論家・阿部進が42&43話に出演。劇中で彼が変身する怪獣名もカバゴン。阿部進を使う事は、鷺巣富雄の発想だという。*3
  • 二度の番組題変更
    当初は悪役側に焦点を当てたかった鷺巣富雄の意向により、悪役のゴリを題した『宇宙猿人ゴリ』であったが、二度の変更で結局はヒーロー側の『スペクトルマン』が最終番組題となった。
    番組題変更一週前の予告編では、二度共に映像や音声は通常のままだったが、画面いっぱいを使って翌週からの番組題変更をスーパーで告知したため、予告画面はほとんど見えない状態になった。*1

当記事出典

*1 当記事執筆者ごいんきょによる強めの記憶
*2 ピー・プロ特撮映像の世界(朝日ソノラマ)
*3 スペクトルマンVSライオン丸(鷺巣富雄)太田出版

  • 最終更新:2016-01-17 09:54:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード